エコノミスト「専門家ほど読み間違える」 3万円突破の株価も「新常態」に

次の写真へ
東京証券取引所=東京都中央区

東京証券取引所=東京都中央区

 【経済インサイド】 新型コロナウイルス禍で株式市場が活況を呈している。下地となっているのは、未曾有の金融緩和で生じた過剰流動性相場だ。これに新型コロナのワクチン普及や企業業績改善への期待が重なった。ただ、多くの投資家はリスク選好に傾きながらも、株高傾向がどこまで続くのか警戒心を抱く。さらに、SNS(会員制交流サイト)でつながった個人投資家集団が一大勢力として台頭するなど、市場は「新常態」の様相もみせ始めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ