GDP2・5兆円損失も 緊急事態宣言11都府県に拡大 外出自粛で消費減 トラベル停止も影響 

次の写真へ
緊急事態宣言が関西3府県などに拡大する方針が決まった13日、京都の観光地は例年よりも閑散としていた=京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

緊急事態宣言が関西3府県などに拡大する方針が決まった13日、京都の観光地は例年よりも閑散としていた=京都市東山区(渡辺恭晃撮影)

 政府による緊急事態宣言の発令の対象が11都府県に拡大することで、日本経済はさらに打撃を受けそうだ。全国が対象になった前回宣言より地域は限られるものの、消費の落ち込みを主な原因として、国内総生産(GDP)ベースで2兆5千億円の経済損失につながるとの試算もある。今後、宣言の期間や対象地域が拡大すれば、深刻さはさらに増すことになる。(岡本祐大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ