「僕らが行くしか」キッチンカーや宅配へ 苦境の外食産業 コロナに克つ

次の写真へ
住宅街に止めたキッチンカーで、焼き肉弁当を作る「白雲台」のスタッフ(左)=大阪府豊中市

住宅街に止めたキッチンカーで、焼き肉弁当を作る「白雲台」のスタッフ(左)=大阪府豊中市

 広場に止まったキッチンカーから、香ばしい焼き肉の匂いが漂う。昨年11月下旬、大阪府豊中市にある団地の昼下がり。「たまにはね、人が作ったあったかいご飯を食べたくて」。焼き肉弁当を手に、近くの1人暮らしの女性(83)が笑う。「新型コロナウイルスのせいでお友達と会うことも、子供と孫が来ることもなくなって、外で食事をしなくなったから」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ