京都銀行が洛外進出で「出城」展開 関西地銀「戦国時代」と警戒する声も

「洛外進出」を積極的に進める京都銀行の本店=京都市下京区

「洛外進出」を積極的に進める京都銀行の本店=京都市下京区

 「広域型地方銀行」を掲げる京都銀行が、本拠地の京都府から打って出る「洛外進出」を進めている。新たに大阪市と兵庫県明石市に拠点を構え、安定した財政基盤を背景に他行のおひざ元に攻勢をかける。迎え撃つ周辺地銀は日銀の大規模金融緩和による低金利で利ざや減少に苦しんでおり、コスト削減から店舗網を縮小するなど防戦一方。菅義偉首相が「地銀は多すぎる」と述べ再編圧力が高まるなか、他地銀のエリアに積極進出する京都銀行の姿勢には「まるで戦国時代だ」と警戒する声も出ている。(岡本祐大)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ