政府、コロナ予備費から5492億円の支出を閣議決定

閣議に臨む(左から)橋本聖子五輪担当相、赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相、田村憲久厚労相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

閣議に臨む(左から)橋本聖子五輪担当相、赤羽一嘉国交相、茂木敏充外務相、菅義偉首相、麻生太郎副総理兼財務相、河野太郎行政改革担当相、田村憲久厚労相=16日午前、首相官邸(春名中撮影)

 政府は16日、新型コロナウイルス対策の予備費から5492億円を追加支出することを閣議決定した。企業が支払った休業手当の一部を国が補う「雇用調整助成金」の上限を引き上げる特例措置で、期限延長の財源に4391億円を使用する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ