パソナ、本社を淡路島へ移転 新型コロナきっかけ 地方創生のモデル示す

前の写真へ
次の写真へ
パソナグループが淡路島に開設したレジャー施設

パソナグループが淡路島に開設したレジャー施設

 人材派遣大手、パソナグループは令和5年度末までに社員約1200人を東京本社などから淡路島(兵庫県)に異動させ、淡路島で取締役会や経営会議を開催するなどして本社化する方針を発表した。パソナは京都府や岡山県などで「道の駅」事業を受託するなど「地方創生」にも積極的に取り組んできたが、新型コロナウイルスの感染拡大を機に淡路島への本社移転を決め、地方創生のモデルを自ら示した格好だ。(巽尚之)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ