日本がインフラなど莫大な資本投下…戦前の韓国は「高成長」だった

【お金は知っている】 韓国政府は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効を回避すると同時に、日本による半導体材料の対韓輸出管理厳格化についても、世界貿易機関(WTO)への提訴手続きを止めたが、日韓関係がこれで好転に向かうわけではない。「日韓併合」以来の両国関係について、韓国側が被害者との認識を変えないからだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ