豚コレラワクチンを空中散布 積極活用に転換した理由

 豚コレラ感染予防のため、ワクチンが入ったケースを手に接種に向かう獣医師ら=10月25日午前、三重県玉城町

 豚コレラ感染予防のため、ワクチンが入ったケースを手に接種に向かう獣医師ら=10月25日午前、三重県玉城町

 【経済インサイド】 農林水産省は11月下旬、家畜伝染病「豚コレラ(CSF)」対策として防衛省の協力を得て、自衛隊のヘリコプターで野生イノシシ向けのワクチン入りの餌を空から散布する実験を群馬県の畜産試験場で実施した。これまで手作業でワクチン入りの餌を地中に埋めてきたが、空からも散布して作業を効率化する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ