関西で「コインロッカー」値上げの訳 「手ぶら観光」推進、「荷物難民」対策も

次の写真へ
大阪のインバウンド消費額推移

大阪のインバウンド消費額推移

 街中で大きなスーツケースを引いて歩く外国人観光客らが増える関西で、駅にあるコインロッカーの利用料金の値上げが相次いでいる。背景にはコインロッカーの不足の問題がある。一方、「手ぶら観光」を推進しようと、関西国際空港とホテル間をつなぐ荷物の即日配送サービスも増えており、かばんの預け場所がなかなか見つからない「荷物難民」への対策も進んでいる。 (山本考志)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ