日米貿易交渉、大統領選控え早期決着に傾く 年内に協定発効も

ライトハイザー米通商代表との閣僚級協議を終え、記者会見する茂木敏充経済再生担当相。「大きな進展があった」と述べた=23日、米ワシントン市内

ライトハイザー米通商代表との閣僚級協議を終え、記者会見する茂木敏充経済再生担当相。「大きな進展があった」と述べた=23日、米ワシントン市内

 日程を1日延長するなど3日間にわたった今回の日米貿易交渉の閣僚級協議では、一気に大枠合意にこぎつけた。来年に大統領選を控えるトランプ米大統領が早期合意を強く求めていたことを背景に、双方が一定の譲歩を見せたからだ。今後、正式合意や署名を経て、日本が秋の臨時国会で協定案を提出して承認されれば、年内にも協定が発効する可能性がある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ