MRJ改めスペースジェット、改名機に離陸できるか

パリ国際航空ショーで展示された「スペースジェット」の実機=6月17日、パリ近郊(共同)

パリ国際航空ショーで展示された「スペースジェット」の実機=6月17日、パリ近郊(共同)

【経済インサイド】 国産初のジェット旅客機を開発する三菱重工業傘下の三菱航空機(愛知県豊山町)が、反転攻勢に出ようとしている。名称を「三菱リージョナルジェット(MRJ)」から「三菱スペースジェット」に変更。開発が大詰めを迎えている90席級の機材に続いて、70席級を製品化する方針を打ち出した。開発の遅れでネガティブなニュースが先行してきただけに、2020年半ばに予定する初号機納入開始に向け心機一転といきたいところだが…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ