老後「2000万円」は“禁句”の金融業界、予期せぬ恩恵に複雑な表情

衆院財務金融委員会で答弁を行う金融庁・三井秀範局長=6月14日午後、国会(春名中撮影)

衆院財務金融委員会で答弁を行う金融庁・三井秀範局長=6月14日午後、国会(春名中撮影)

 【経済インサイド】 金融庁金融審議会の「老後に2千万円が必要」とする報告書をめぐる一連の騒動で、金融業界に戸惑いが広がっている。報告書そのものに対しては高く評価する一方で、報告書が事実上撤回されるという異常事態には静観を決め込む。そんな中、老後の資産を増やすためのセミナーや金融商品への関心が急に高まっており、業界関係者は素直に喜べない複雑な表情を浮かべている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ