総合不動産各社がホテル事業強化 インバウンド拡大に対応

前の写真へ

 訪日外国人旅行客(インバウンド)の急増に対応するため、不動産各社がホテル事業の強化を加速している。来年開催の東京五輪・パラリンピックを前にした需要増に加え、東京都心の地価上昇などを背景にマンション用地としては採算が合わず、ホテルへの転換を余儀なくされるケースも増えており、各社は上質感などの特色をアピールし、需要取り込みを急ぐ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ