あのガシャポン、実は9年遅れで日本上陸だった 池袋が日本1号

前の写真へ
スマートガシャポンで販売されている「ヒッチベア」のミニフィギュア(300円)

スマートガシャポンで販売されている「ヒッチベア」のミニフィギュア(300円)

 少額の玩具にもキャッシュレスの時代だ。玩具大手でカプセルトイ「ガシャポン」を展開するバンダイは4月、JR池袋駅(東京都豊島区)で交通系ICカードに対応したカプセルトイ自販機「スマートガシャポン」を本格稼働させた。インバウンド消費でも注目されるガシャポンだが、実はアジア地域から約9年遅れての導入だったという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ