スバル、収束見えない不正 生産計画に波及 「終結宣言」も予断許さず

検査不正問題で会見の冒頭で頭を下げるSUBARU(スバル)の中村知美社長(左から2人目)ら=5日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

検査不正問題で会見の冒頭で頭を下げるSUBARU(スバル)の中村知美社長(左から2人目)ら=5日午後、東京都港区(飯田英男撮影)

 SUBARU(スバル)の大規模リコール(回収・無償修理)や新たな検査不正が、自動車メーカーの経営の根幹である生産計画に波及してきた。発覚に歯止めがかからないだけでなく、複数の不正は先月まで続いていたことが判明し、改めて同社の“自浄能力”の弱さが浮き彫りにされた。中村知美社長は終結への覚悟を示すが、混迷に終止符が打たれるかは予断を許さない。(高橋寛次)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ