パナソニック、ミャンマーの学校に太陽光発電 教室、寮に「明るくなって勉強しやすい」

前の写真へ
パナソニックから寄贈された電源供給装置の落成を祝うテープカットが行われた=ミャンマー、ベービンセンナ村

パナソニックから寄贈された電源供給装置の落成を祝うテープカットが行われた=ミャンマー、ベービンセンナ村

 パナソニックが電気が通っていないミャンマーの村に太陽光発電・蓄電装置を寄贈した。無電化地域の問題解消で、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」に掲げられた貧困解消などの課題解決に貢献する一方、設備の保守、維持は地域で行ってもらい、自立につなげるのが狙い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ