「タダでも欲しくない」不動産が日本中で増え続けている

局地バブルの一方で「空き家問題」は深刻になるばかり

局地バブルの一方で「空き家問題」は深刻になるばかり

 不動産市場は高騰を続ける首都圏の“局地バブル”に踊らされて狂乱状態となっているが、全国を見渡せばタダでも売れない空き家や無価値となったマンションなどが溢れ、その波はジワジワと都市部に押し寄せている。住宅ジャーナリストの榊淳司氏が、そんな歪な不動産の価値観について警鐘を鳴らす。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ