携帯新プラン、サービス開始から1カ月でユーザーの反応は… 楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」編

 ただ、他の3キャリアと異なるのは、「1年間は無料(今からの申し込みだと3カ月無料)なので引き続き様子見」「『まだつながらない』と怒る人が多いが。『これからつながる』のです」など、サブ回線として利用していて、回線整備の進捗を温かく見守ろうというスタンスのユーザーが多いこと。1年無料(現在は3カ月)キャンペーンや、月あたり1ギガバイトまでは無料という他社にはない料金設定もあって、お試し感覚で使っているようだ。

 行動範囲に楽天回線の電波がしっかり届いているエリアのユーザーからは好評で、「楽天モバイルのテザリングで在宅ワークしてるけど意外といける」と、Wi-Fiルーター代わりに活用しているとのコメントも散見される。入院中の病院で1カ月に27.74ギガバイト使ったという利用者は、これだけがっつり楽天が使えるとメインのYmobileが俄然色褪せて来る」と、競合他社のプランの上限20ギガバイトを超えても容量無制限で使えるプラン設計を称賛。中には81.88ギガバイトも使い倒し、「今月こんなに使ってた それでも無料」とありがたがるツイ民も。

 このように、電波の状況によって、ユーザーの評価が大きく割れており、今後基地局の整備が進んでいけば、地道に評価が上がっていくことが予想される。

 現状、サブ回線としての利用が多く、無料通話可能なことから「データはUQ 通話は楽天って感じで使おうと思っています」「無料期間終了後は電話専用にして0円運用の予定」と、楽天の端末を通話専用にして2台で運用するというネット民も少なくない。「デュアルSIMでやったらいいんじゃね?」との指摘があるように、SIMを2枚同時に利用できる端末のユーザーは、端末1台で2つの電話番号を使い分けても面白いかもしれない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ