【酒の蔵探訪】シャトー勝沼(山梨県甲州市) 高級品の技術で「家飲み」ワイン

 新型コロナウイルス感染拡大で業界が打撃を受ける中、自宅でお酒を楽しむ「家飲み」需要の取り込みを狙う。昨年6月に発売した500ミリリットル入り1100円の白ワイン「アイムホーム」が好評で、5月15日には赤ワインも登場する。

 「アイムホームはただいまという意味。家庭料理と相性ぴったりの、すっきりした味わいです」と今村英香(ひでか)専務(53)は話す。1千円で飲めるワインがほしいという声を受けて造ったという。

 また、2年前に発売した酸化防止剤を添加せず、糖も加えない「無添加・無補糖赤ワイン」(600ミリリットル、1100円)が売れている。ワインは発酵前、アルコール度を高めるために糖を補うが、温度管理によって省くことに成功した。

 ワインメーカーなのに「休肝日」も推奨する。奥さんが「あなた、たまにはお酒を休んで私とこれを飲みましょう」という場面を想定しているのが、ノンアルコールワイン「カツヌマグレープ」(720ミリリットル、1026円)だ。

 平成22年に発売。ブドウジュースではなくワインの味に似せている。試行錯誤の結果、赤は緑茶を使って渋みを出し、白はレモン果汁でさわやかな酸味を演出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ