携帯新プラン、サービス開始から1カ月でユーザーの反応は… au「povo」編

 携帯電話キャリア各社の新プランがスタートして1カ月が経過した。1日から5回にわたって、4キャリアとMVNO(仮想移動体通信事業者)の新プランそれぞれの特徴を紹介しつつ、実際に契約したネットユーザーの反響に目を向けてみる。

 第2回は、KDDI(au)の「povo(ポヴォ)」について見ていく。月間データ容量20ギガバイトで月額2728円。日、週、月ごとなど一時的にサービスを付加できる「トッピング」機能が特徴。たとえば、「月額500円で5分以内かけ放題」「200円で24時間データ使い放題」などのオプションが用意されている。手続きはオンラインに特化し、夏には次世代通信規格の5Gにも対応するという。eSIMにも対応予定。

 第1回で紹介したNTTドコモの「ahamo(アハモ)」と異なり、店舗での対応がないため、ツイッターには、「オンラインチャットサポートは定型文しか返信できない→問題解決できない」「相談したくても的外れな回答しかしない」など、チャットでのやりとりでうまくトラブルを解消できずに閉口しているユーザーが散見される。中にはそもそも「問い合わせ先がわからん!」という人も。

 一方で、「プラン内容がシンプルだけに手続きも簡単だった」「クリック数回で3分かからず移行出来た」「おばちゃんでも簡単に申し込めましたよー」など、スムーズに、スピーディーに移行が済んだというツイ民も見られ、ユーザー個々の理解度や移行前の条件などによって、手続きの難易度が異なるようで、一概に「簡単」「難しい」とは言い切れない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ