新型iPad Pro発表 性能向上に「パソコン駆逐するつもり?」とネット民驚く 最強仕様では約28万円

 米IT大手のアップルは日本時間21日未明、オンラインイベントを開催し、タブレットPC「iPad Pro」の新型を発表した。ネットでは、大幅な性能向上や価格設定について、賛否両論が飛び交っている。

 タブレットPCながら、同社製ノートPCの「MacBook」シリーズに搭載されて大きな話題となった省電力かつ高性能なプロセッサー「M1」を採用したことが最大の特徴。従来品と比べ、パフォーマンスが50%向上、グラフィック性能も40%アップしているという。ディスプレイサイズは11インチと12.9インチの2種類で、後者にはミニLEDを採用し、HDR10、HLG、ドルビービジョンに対応。同社製のハイエンドディスプレイに迫る階調表現を実現している。最大で2TBの内蔵ストレージを選べ、セルラーモデルは5Gにも対応した。11インチモデルが9万4800円から、12.9インチモデルは12万9800円からで、30日から注文受付を開始。発売予定は5月後半となっている。

 発表を受け、その圧倒的なスペックに、ツイッターでは「もうパソコンやん」「iPadの皮を被ったMac」「パソコン駆逐するつもりでつくったん? えぐすぎん?」などと驚く声が続出。同日は、同じ「M1」を搭載するディスプレイ一体型デスクトップPC「iMac」の新型も発表されたが、処理性能が近いことから「iPad Proを買い替えるか、iMacにするか迷う…」「こっちが凄すぎてiMacの凄さが霞んでしまう」と戸惑うユーザーも少なくない。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ