コカ・コーラが自販機サブスク開始 月額2700円で1日1本…ネット民は「毎日飲むならお得か」「なかなか絶妙な金額」

 日本コカ・コーラは12日、月額2700円で利用できる自動販売機のサブスクリプションサービス「Coke ON Pass(コークオン パス)」を開始した。同社の商品を1日1本受け取れる新サービスに、SNSには「自販機までサブスクの時代が来たのか」「毎日飲むならお得か」「なかなか絶妙な金額」などの書き込みが多数寄せられている。

 新サービスはコカ・コーラ公式スマホアプリの「Coke ON」から登録する。月額2700円で同社のドリンクを1日1本受け取ることのできる定額サービスで、同社のキャッシュレス決済機能「Coke ON Pay」対応の自販機にスマホをかざして画面上から購入可能なドリンクを選択する。サブスクのため購入時の支払いは不要で、自販機にほとんど触れることなく商品を受け取ることができるという。

 先着申し込み10万人を対象としたサービスで、5月31日まで月額料金が半額となる1350円で利用できるキャンペーンを実施する。なお、「Coke ON Pay」対応自販機は全国に34万台が設置されており、決済方法はアップルペイやクレジットカードが利用できる。

 このニュースに対してネットユーザーからは「毎日飲むので 嬉しいところです!」などと興味を示すユーザーが続々。月30日で計算すると1本あたり90円になることから、「一度契約してみてもいいかなの気持ちがある。1日1本くらい炭酸飲んでるので…」「¥90以上/本で元が取れる。今まで手が出しづらかったエナジードリンクにも目が向くようになるか」「夏場の暑い時とかは手っ取り早く冷えた飲み物が欲しかったりするし、その時期だけサブスクする利用の仕方はアリなのかな?」などと、それぞれの生活サイクルや利用シーンを想定した書き込みが相次いでいる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ