ガーミンのウェアラブル機器にも「血中酸素トラッキング」 対象機種ユーザーが「神アプデ!」と沸く

 GPS機器メーカーのガーミンジャパンが、4月下旬以降に対象のウェアラブルデバイスで「血中酸素トラッキング」機能への対応を順次開始すると発表した。対象機種を使っているネット民からは歓迎の声が相次いでいる。

 同社のウェアラブルデバイスはGPSや心拍計などを搭載し、ランニングやゴルフ、サイクリングなどさまざまなアクティビティに対応したいわゆるスマートウオッチ。今回対象となるモデルでは、血液中に取り込まれた酸素レベルを測定することにより、より効果的にフィットネスのパフォーマンス向上やウェルネスライフのサポートに役立てることができる。

 同機能は、世界のスマートウオッチ市場で4割のシェア(※)を持つ米アップル社製のApple Watchが、20年9月に発売した「Series6」に搭載して注目されていた。(※香港に本拠を置く調査会社カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチの3月5日付レポートで報告された2020年第4四半期の出荷台数)

 内蔵された赤色LEDライトと赤外線ライトを利用することで、血中ヘモグロビンのライトの吸収状態をデバイスの裏に備え付けられたセンサーで読み取り、血中酸素トラッキングデータをデバイスの画面上で表示して血液中に取り込まれた酸素のレベルを手首で測定する。測定したい時のみ、または睡眠中など継続的に測定することも可能。特定のデバイスでは、ユーザーがいる現在の高度または高度のビューとともに、1日を通して定期的に追跡することもできる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ