感性育くむデザインで子供の未来を発育 学童保育の運営や海外展開も視野 「株式会社ONE ROOF」菊地元樹社長

【トップ直撃】

 広大な宇宙空間をイメージしたこども園や、江戸時代後期の浮世絵師、葛飾北斎の作品とともに生活する保育園など、常識にとらわれない斬新なデザインの数々。視覚から園児だけでなく保護者も魅了する施設で、子供たちの未来を発育する。90年以上の歴史とノウハウを活用し、学童保育の運営や海外展開も視野に入れている。(松村友二)

 --宇宙や葛飾北斎をテーマにするなど、独創性の高い保育施設を次々に開設しています

 「地域の調査をした上で、特性を生かしてコンセプトを決定し、デザイナーとともに具体化しています。モダンに丁寧な作り込みをすることで、大人が見ても美しいものは子供が見ても美しいものだと思っています。日常的に普段は触れない科学や美術に触れてもらうことで、感性が育つと考えておりデザインにはこだわりを持っています」

 --保育施設の開設に重要な点は

 「地域に愛され、何十年もその地域に残るものにしなければなりません。地域の社会資源の一つとして保育施設が残る必要がありますし、園児がお祭りに参加するなど地域の活動にも積極的に参加しています。子供たちがその地域を愛し、『いつでも帰ってこられる場所』として、大人になってから自分の子供を入園させる事例もあります。さらにほとんどの施設が駅近に開設しています。保育施設を利用されるほとんどの親が仕事をしているため、保育施設の利便性は重要です」

 --都心部では待機児童問題が残る一方で、少子化は止まりません

 「子供の数は減る一方ですが、働く環境は整いつつあり、保育園の利用者数は増えています。政府が待機児童ゼロを目標にしていることから今後も保育園は増えると思っています。ただ従来のような『預ける場所』から、教育まで求められる場所になっていますから、独自の教材作りも行っています。小学校の受験にも対応できる教材で、学校生活で後れを取らないためにも、10進法や数量などの学習を遊びの中で得て、テキストで復習してもらうというサポートを行っています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ