コロナ解雇10万人超え

 厚生労働省は8日、新型コロナウイルス感染拡大に関連した解雇や雇い止めで仕事を失った人が、7日時点で見込みを含めて累計10万425人になったと明らかにした。東京や大阪など大都市圏が中心で、飲食業や製造業で多かった。

 政府は企業への支援策の要としている雇用調整助成金の特例措置を5月から原則として段階的に縮小する方針で、これまで雇用を維持してきた企業が新たに雇用調整に踏み切る可能性がある。雇用情勢は今後悪化の恐れもある。

 月別で見ると、最初の緊急事態宣言が発令中だった昨年5月の1万2949人が最多だった。6~9月は1万人前後で推移したが、10月は約7500人とペースが鈍化。それ以降は月に5千人ほどの状況が続き、今年3月に入って約9千人と急増している。

 今月2日時点での業種や都道府県別の詳細を見ると、製造業が2万人を超え、小売業や飲食業、宿泊業でそれぞれ1万人超となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ