スーパードライの生ジョッキ缶、コンビニで先行発売 早速飲レポ続々 温度によっては泡があふれるとの報告も

 アサヒビールは6日、同社の看板ビールである「アサヒスーパードライ」のシリーズから、新商品「アサヒスーパードライ 生ジョッキ缶」の先行販売を、酒類取り扱いのコンビニエンスストアで開始した。ツイッター上では、1月の事前発表時から注目していた多くのビール党ユーザーが、今夜の晩酌に思いをはせ、そわそわし始めている。

 同商品は、通常の飲料缶と異なり上部が全開する構造となっており、ふたを開けるときめ細かい泡が自然に発生し、ジョッキで飲む樽生ビールのような味わいが楽しめる。缶の内側に特殊な塗料を塗っているため、通常の缶からグラスに注いだ時に発生する泡よりきめ細かく、缶から直接飲むことで温度も炭酸ガス圧も保てるとしている。開栓したふたと缶の飲み口にはダブルセーフティー構造を採用し、手や口を切る心配はない。フルオープンかつ自然発泡する缶を使った商品は日本初だという。アルコール度数は通常の「スーパードライ」と同じ5%で、容器のサイズは340ミリリットル1種類のみ。20日からは全業態に向けて発売する。価格はオープンプライス。

 1月に事前発表された時にもネット民の注目を集め、宅飲み派の期待が高まっていた。いよいよ本日発売とあって、ツイッターには「メッチャ楽しみにしてた生ジョッキ缶」「コンビニ行って生ジョッキ缶買わねば!」「帰りに買うぞ…」「今日じゃん! 仕事終わったら探しまわろ」「早く仕事終われ~朝だけど」など、初日に入手しようと意気込むネット民が散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ