リニア工事 JR東海、魚の産卵場所確保も

 リニア中央新幹線静岡工区の工事をめぐり、南アルプスの生態系への影響を検証する静岡県の専門部会が29日、開かれた。JR東海は、トンネル掘削の際に発生する湧水をできるだけ減らすとともに、生息する魚の産卵場所を人工的に整備する新たな環境保全策を委員らに提示した。また、トンネル工事で水量が減少する大井川上流部では、沢の流量を常時観測し、一定量を下回った場合には新たな対策を講じる考えも明らかにした。

 JR東海は「定期的に現地の調査をしながら、専門家の意見も聞いて対応したい」と説明。意見交換では委員から「どのように環境整備を進めるのか、具体的に教えてほしい」といった声が上がった。

 県は、同社がこれまでに説明した対策では環境への影響を回避・低減するのに不十分だとして、同社にリスク管理などを再検討するよう求めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ