LINEがきょう社長会見 個人情報管理、方針説明へ

 LINE(ライン)は通信アプリの利用者の個人情報が中国の関連会社から閲覧可能になっていた問題で、出沢剛社長が23日午後7時半から東京都内で記者会見すると明らかにした。この日が提出期限となっている政府の個人情報保護委員会への報告内容や、今後のデータ管理の方針などを説明する。

 親会社Zホールディングス(ZHD)も23日夕、データの取り扱いを検証する第三者委員会の初会合を開く。安全保障や企業統治の観点から情報管理の不備を点検し、今後の対応策を議論する。

 個人情報は利用者の同意なく第三者に提供したり、海外に持ち出したりすることが法律で禁じられている。しかし、LINEが利用者に開示している運用指針では、データを第三国に移転することがあるとしながらも具体的な国名は記載していなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ