西武鉄道、沿線顧客いかに増やすか 通勤と観光6つの魅力

 外出機会の減少を機に、「ウェブ解析士」の資格を取得。「利用者の声の分析などにも利用できると思って」と何事にも前向きだ。

 (エフシージー総合研究所 山本ヒロ子)

 ■西武鉄道 2012年、前身の武蔵野鉄道創立100周年を迎えた。西武グループの中核として、「安全・安心」を基本に西武新宿線連続立体交差事業、ホームドアの設置、新型車両の導入など利便性の向上や快適なサービスの提供に努めている。近年は、「人と環境にやさしい鉄道」を目指してバリアフリー施設の充実、環境に配慮した施設や車両の導入を推進。1日の平均輸送人員は181万人(19年度)。代表取締役社長/喜多村樹美男。

 ■渡邉奈緒(わたなべ・なお) 2007年同志社大卒、西武鉄道入社。現場で駅係員、車掌、運転士を担当後、運輸部本社に配属。13年鉄道本部計画管理部計画課主任。18年から現職。実家のある兵庫県で発生したJR福知山線脱線事故を機に、安心・安全な列車の運行と地域の街づくりに携りたいと西武鉄道に入社した。36歳。

 ■山本ヒロ子(やまもと・ひろこ) 早大卒。40年以上にわたり、企業や自治体、大学の危機管理と広報活動について取材。コンサルティング活動も行ってきた。取材件数は延べ2000社以上にのぼる。経営情報学修士(MBA)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ