ソフトバンク新プランは「ラインモ」に KDDI「ポヴォ」と料金横並び スタンプ使い放題でLINEヘビーユーザーは歓迎

 ソフトバンクは18日、3月に開始するオンライン専用ブランドの見直しを発表した。通話料抜きで20ギガバイト月額2480円(税別)と、KDDI(au)が1月に発表したプランと同様の内容に変更した。無料通信アプリ「LINE」のユーザーに向けた無料サービス強化に、同アプリのヘビーユーザーから歓迎の声があがっている。

 昨年12月に「SoftBank on LINE」として発表していた新ブランドの名称を「LINEMO(ラインモ)」と改める、と正式発表。3月17日から開始する。LINEがビデオ通話も含めデータ容量を消費せずに使い放題になるのが特徴。今夏以降には、スタンプも無料で使い放題(保有は5個まで)とする予定。LINEのアプリ上でも本人確認なども含めて契約が完結でき、最短で申し込み当日の開通、利用も可能になる(eSIMの場合は申し込み完了と同時に開通)という。キャリアメールには対応しない。

 定額かけ放題のサービスは、1回あたり5分以内の国内通話が月500円のオプションとなる。昨年12月の発表時には、同様の定額通話料込みで月額2980円としていたが、KDDIが発表した音声通話を切り離した新プラン「povo(ポヴォ)」に追随する形となった。定額通話を加えた場合は、NTTドコモの「ahamo(アハモ)」を含めた3社の料金が横並びとなる。

 オンラインでも公開された発表会の内容を受け、ツイッターでは「ほぼpovoになったのか」「5分通話なくなって-500円はいい判断」「5分無料通話を分離すればソフトバンク良いと思ってましたが期待通りのプランきた これは若い人とかに人気出そう」など、定額通話をオプションとして切り離した改訂を評価する声が多い。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ