【インタビュー】Zホールディングス川辺健太郎社長 「今のオンライン化の流れは止まらない」

 --LINEとの統合の進捗状況について

 「3月に統合が完了する。サービスの現状を共有して、大枠の事業戦略を議論してきた。統合で大事なのはガバナンスだ。セキュリティやデータポリシーのすり合わせなどをしつつ、3月の統合後にスタートダッシュが切れるように準備を進めている。状況の変化に合わせた新しいサービスを出していきたい」

--昨年はドコモ口座問題でペイペイでも不正引き出しがあった

 「ゆうちょ銀や地銀などをチャージ元にしているお客さんには、ご迷惑をかけた。キャッシュレス社会をけん引する責任があると思っている。必要なセキュリティに対して、リテラシーの向上に貢献していく」

--コロナ禍で非接触決済は重要性を増す

 「ワクチンがいきわたったり、効果が出たりするにはもう少し時間がかかり、巣ごもり需要も続く。今のオンライン化の流れは止まらない。5Gが敷設される中で、ますますオンラインサービスが高齢者にも広がる。絶妙なタイミングだと思っている。日本を便利でお得で楽しい世界にしていきたい」

 --働き方の変化、対応を振り返って

 「従前からテレワーク制度は設けていたがなかなか普及しなかった。最も効率がよいのはオフィスという意識があった。コロナでテレワークの日数制限をなくし、今やすっかり慣れて、9割の社員がオフィス外で仕事をやって生産性も上がっている。業務もオンライン前提に見直したことでスリム化している」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ