ネット通販隆盛 物流施設建設ラッシュで変わる田園都市

 田園風景が多く残る大阪府北東部地域が、第二京阪道路の開通10年を経て、大きく変わろうとしている。高齢化や農業離れなどの課題が山積する中、交野市の星田北エリアでは地元住民と市、企業が一体となって広大な土地区画整理事業を進めている。インターネット通販隆盛の時代に欠かせない巨大な物流施設も姿を現した。江戸時代、淀川の水運で栄えた大阪北東部は今、第二京阪によって再び物と人が行き交うまちとして成長しようとしている。(守田順一)

 ■第2国土軸構想にも合致

 交野市域を東西に貫く第二京阪を車で走ると、田園地帯に建設中の巨大な建物が迫ってくる。日本生命保険が7月の完成を目指す地上5階建て(延べ約9万2千平方メートル)の大型物流施設、ニッセイロジスティクスセンター大阪交野だ。隣では三井不動産が9月完成を目指す地上4階建て(延べ約7万2千平方メートル)の物流施設建設も進む。

 京都と大阪を結んで平成22年に開通した第二京阪の沿道では、物流の総合管理を意味する「ロジスティック」などの名前がついた施設が次々と稼働している。多くはらせん状の通路を持ち、トラックが各階に乗り入れられる大型倉庫だ。

 経済産業省によると、令和元年の電子商取引(物販系)の市場規模は10兆515億円で、前年比8・09%増。ネット通販による物量が増えるにつれ、商品を保管、発送する物流施設の需要は高まっている。

 日本生命は大型物流施設への投資について「ネット通販市場の拡大で継続的な需要があり、オフィスと比較して高い利回りが期待できる」とする。府内では3件目、最大規模となる交野市の物流施設については「第二京阪の交野南と寝屋川北のインターチェンジ(IC)に近い物流適地。JR星田駅から徒歩11分と働き手も確保しやすい」と評価する。

 交野市都市計画部の竹内一生部長も「大阪にはまとまった土地が少ないが、交野市にはまだ開発できる土地が残っている」と強調。「第二京阪沿線の活用は、震災に備えて内陸部の高速道路などの活用を進める国の第2国土軸構想にも合致する」と歓迎する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ