NY株続伸、最高値更新 ナスダック、SPも バイデン政権の経済対策に期待

 20日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸し、前日比257・86ドル高の3万1188・38ドルと7営業日ぶりに過去最高値を更新して取引を終えた。IT大手の好業績への期待感が高まり、買いが優勢となった。この日発足したバイデン政権が打ち出している巨額の経済対策が景気回復を後押しするとの見方も相場を支えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は260・07ポイント高の1万3457・25、幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数は52・94ポイント高の3851・85となり、ともに最高値を更新した。

 前日発表された動画配信のネットフリックスの決算内容が好感され、同社株が16%超上昇。グーグルの親会社アルファベット、アップル、アマゾン・コムといったハイテク株でも買いが広がり、相場を押し上げた。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ