東証株、午前の終値 129円安の2万8504円

 20日午前の東京株式市場は日経平均株価が反落した。日経平均の午前の終値は前日終値比129円08銭安の2万8504円38銭だった。米景気回復への期待感から前日に米国株が上昇したことが好感され、朝方は買い注文が優勢になる場面もあったが、国内外の新型コロナウイルスの感染拡大が重しとなった。

 東証株価指数(TOPIX)は9・38ポイント安の1846・46だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ