「バナナ」「テント」が過去最高更新へ…今大人気の意外な輸入商品

【経済インサイド】

 新型コロナウイルス感染症の影響で、バナナや冷凍庫といった意外な品目の輸入額が令和2年は相次いで過去最高を更新する見通しとなったことが分かった。外出を楽しむのではなく、家の中でお金を使う「巣ごもり消費」の増大が背景にあり、消費活動の変容はコロナ禍収束が見えない今年も尾を引きそうだ。

 財務省が発表した11月の貿易統計によると、バナナの令和2年1~11月の輸入金額は前年同期比約0・5%増の約976・9億円に上る。コロナ禍で全体の貿易規模が縮小する中、元年に続き2年連続で過去最高を更新する可能性が高い。

 港別でバナナの輸入量、額ともにトップの東京港を管轄する東京税関は「健康意識の高まりに加え、休校や在宅勤務で家にいる時間が増え、手頃に小腹を満たせるバナナが人気になったのでは」と分析している。

 輸入額が増えたのはバナナだけではない。ダンベルなどの「トレーニング用具」も11月までの累積で既に過去最高だった昨年を超えた。「外出自粛による運動不足解消のため」(名古屋税関)とみられる。

 三密を回避してアウトドアを楽しむための「テント」も過去最高を更新しそうだ。大阪税関は「芸能人のキャンプ動画や、キャンプを題材とするドラマ、アニメの影響もある」と分析している。キャンプを楽しむ女子高生の日常を描いた人気アニメ「ゆるキャン△」では、コロナ下で話題となったソロキャンプ(1人で楽しむキャンプ)の楽しみ方なども描かれている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ