東証、反発で始まる 一時300円高

 19日の東京株式市場は、日経平均株価が前日終値比163円28銭高の2万8405円49銭と反発で取引が始まった。上げ幅は一時、300円を超えた。

 前週に約30年ぶりの高値まで上昇した警戒感から、前日まで2営業日連続で下げていたが、短期的な調整が一巡したとの見方から、自律反発を見込んだ買いが先行している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ