3年度特別会計493兆円

 財務省は18日、国の令和3年度特別会計予算案の歳出総額が2年度当初に比べて101兆9千億円増の493兆7千億円になったと発表した。国債の借り換えが39兆2千億円増の147兆2千億円と大幅に増えた。一般会計予算案とともに18日に国会に提出した。

 特別会計は複数あり、特定分野の資金を一般会計と分けて管理するために設けている。国債の借り換えと、会計間のやりとり(101兆2千億円)による重複を除いた「純計額」は、2年度当初に比べ48兆5千億円増の245兆3千億円となった。

 純計額のうち、社会保障給付費は1兆3千億円増の73兆3千億円。国債の償還や利払いなどに充てる費用は14兆7千億円増の99兆7千億円だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ