auの「povo(ポヴォ)」、気を付けるべき点は?

追加トッピングの注意点

 冒頭で触れた通り、povoは追加トッピングによって自分の使い方に合わせてカスタマイズしやすいことが特徴だ。サービス開始当初に提供される追加トッピングは以下の通りで、今後もラインアップを拡充する予定だという。

 5分以内通話かけ放題(月額500円)

 通話かけ放題(月額1500円)

 データ使い放題 24時間(24時間当たり200円)

 データ追加 1GB(1GB当たり500円)

 使い方次第では「おトク」に使えることは確かなのだが、利用に当たって注意点があるトッピングもある。

 5分以内通話かけ放題/通話かけ放題

 5分以内通話かけ放題や通話かけ放題は、原則として国内で発信した全ての音声通話が対象となる。ただし、以下の通話先は対象外となる。

 受話側が料金を設定している電話番号(「0570」「0180」で始まるもの)

 104番(番号案内)

 188番(消費生活相談受付)

 「#(シャープ)+4桁」の電話番号(クイックダイヤル)

 衛星電話/衛星船舶電話

 KDDIが指定する特定の電話番号(PDF形式)

 対象外の通話先の場合、以下の通話料金が別途請求される。

 0570/0180で始まる電話番号:受話側が設定した料金(課金開始前に案内あり)

 その他の電話番号:30秒当たり20円(衛星船舶電話は50円)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ