auの「povo(ポヴォ)」、気を付けるべき点は?

 既報の通り、au(KDDIと沖縄セルラー電話)は2021年3月から、Web手続きに特化した容量(20GB)の新料金ブランド「povo(ポヴォ)」の提供を開始する。月額2480円(税別)で、必要に応じて「追加トッピング」を追加購入することでデータ容量の追加や国内通話定額を量できる仕組みだ。

 →auがオンライン専用新ブランド「povo」発表 月額2480円で20GB、追加トッピング機能も

 →“業界最安と差別化”を両立させたauの「povo」 既存の使い放題セットプランも値下げに

 povoは「新発想の料金プラン」をうたっているが、これまでのauの料金プランとは異なる点も多い。この記事では、現時点で分かっている注意点を簡単にまとめる。なお、記事中の価格は全て税別となる。

povoのイメージ画像。NTTドコモの「ahamo(アハモ)」と同様に若い世代をメインターゲットに据えている

povoのイメージ画像。NTTドコモの「ahamo(アハモ)」と同様に若い世代をメインターゲットに据えている

申し込みやサポートはオンラインで

 auによると、povoは「オンラインでの簡便な手続きなどによる先端のデジタル体験を提案する新料金ブランド」と位置付けている。新規契約を含む各種手続きやサポートは全てオンライン(Web)で完結するようになっている。

 サポートに掛かるコストを削減することで料金を抑えた都合から、povoユーザーはauショップやauお客さまセンター(電話窓口)を利用できない。端末(SIMカード)の紛失・盗難による利用中断など、緊急の用件に関する問い合わせ方法は「詳細を検討しているため、決まり次第お知らせする」(KDDI広報部)という。

povoの特設サイト(https://povo.au.com/)。各種申し込み手続きはここから行えるようになるものと思われる

povoの特設サイト(https://povo.au.com/)。各種申し込み手続きはここから行えるようになるものと思われる

店頭や電話でのサポートを行わないことは、現時点でも明記されている

店頭や電話でのサポートを行わないことは、現時点でも明記されている

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ