ファストリ 営業益23%増 令和2年9~11月、部屋着好調

 カジュアル衣料品店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングが14日発表した令和2年9~11月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比23・3%増の1130億円だった。

 新型コロナウイルス感染症の流行を受けた「巣ごもり需要」で、国内のユニクロ事業は部屋着や保温効果のある「ヒートテック」の毛布などの販売が伸びた。中国や台湾の事業も堅調で、韓国はコスト削減効果などで営業損益が黒字転換した。

 売上高に当たる売上収益は0・6%減の6197億円。北米や欧州で、感染拡大による臨時休業が響いて大幅な減収となった。

 最終利益は、一部の赤字継続事業の業績悪化に伴って税負担が増加し、0・7%減の703億円だった。

 3年8月期の通期業績は、最終利益が過去最高の1650億円になるとの見通しを据え置いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ