コロナ禍でローン返済に行き詰まり…任意売却物件続出か

【マンション業界の秘密】

 経団連が昨年12月、大手企業の冬のボーナスが前年比で平均9%減少したと発表した。09年以来の落ち込みだそうである。新型コロナによってこれだけ経済が混乱しているにもかかわらず、9%の減少で済んだことを安堵すべきではなかろうか。

 もちろん、業種によって差はあり、コロナ禍の直撃を受けたANAはゼロ、JALは8割減という。

 日本のサラリーマンの7割近くは大企業ではなく、中小企業に勤めている。だから、冬のボーナスの減少幅は9%どころでは済まなかったはずだ。住宅ローンを利用してマンションを購入し、ボーナス返済を設定している人はかなり困ったことだろう。

 私が行っている不動産の売却相談に持ち込まれた物件で、知り合いの仲介業者が買い主を見つけてきた、ある物件を思い出す。

 成約したのは2年くらい前だった。その物件は私鉄沿線にあって、駅からは徒歩9分。築9年の中古で、価格は3700万円だったと記憶する。その業者に誰が買ったのかを聞いてみたら、飲食店チェーンに勤める30代の店長で、年収は500万円だった。自己資金は300万円。

 金利が安い時期だからローンを組めたのだろうが、返済はちょっと無理目に思えた。その方は今どうしているのかと考えると、やや心が重くなる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ