昨年12月の通貨供給量、最高の1482兆円余 伸び率7・6%増も過去最大

 日銀が13日発表した2020年12月のマネーストック(通貨供給量、月中平均残高)速報によると、現金や預金など世の中に出回る通貨の合計「M3」は、前年同月比7・6%増の1482兆5千億円だった。残高は統計開始以降で最高となった。伸び率も前月に続き過去最大の水準だった。

 新型コロナウイルス感染拡大により経済の先行きが不透明な中、企業が手元資金を手厚くしたり、個人が支出を抑えたりしたことが影響した。

 M3に含まれる「現金通貨」は5・7%増の110兆2千億円だった。普通・当座預金の残高を示す「預金通貨」は15・0%増の821兆4千億円だった。

 M3に投資信託や国債を加えた「広義流動性」は5・4%増の1933兆1千億円だった。

 マネーストックは、金融部門から個人や企業など経済全体に供給されたお金の量を指す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ