IT見本市「CES」オンラインで開幕 日本勢は出展に二の足

 世界最大級の家電IT見本市「CES」が11日(米国時間)に開幕した。例年は米ラスベガスで開かれていたが、今年は新型コロナウイルスの流行を受け初めてオンラインで開催。初日からソニーなどが新製品や新技術を披露し、ニューノーマル(新常態)に絡む展示も目立つ。ただ、出展企業数(団体含む)は昨年の約4400社から約1900社と大幅に減少。日本企業の出展見送りも相次ぎ、効果を疑問視する声も出ている。

 ソニーは、開幕に合わせて開いたオンライン発表会で、映像制作者向けに今年春から販売する空撮用小型無人機(ドローン)「Airpeak(エアピーク)」を公開。同社のミラーレス一眼カメラを搭載し、安定した飛行性能で迫力のある映像を撮影できるという。吉田憲一郎社長は発表会で「空を限りない創造のための場所に変える」と強調、新分野の開拓に意欲を示した。

 パナソニックは、新型コロナの感染防止に役立つ製品や技術を展示。エアコンなどに搭載する空気清浄機能「ナノイー」の航空機内部での活用を提案しているほか、アプリで注文した食品を人と接触せずに受け取れる「スマートロッカー」も披露している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ