英競争当局、グーグル調査 他社クッキーの無効化で

 英競争当局は8日、米検索エンジン大手グーグルが自社のインターネット閲覧ソフトで、「クッキー」と呼ばれるサイト閲覧履歴などの情報を他社が利用する機能を無効化することは競争を阻害する恐れがあるとして、調査に着手したと発表した。「新聞・出版社やデジタル広告市場に深刻な影響を与える恐れがある」と指摘している。

 クッキーはインターネットでウェブサイトを見た時にサイト側から送られる情報で、ネット広告の配信などに使われる。グーグルは個人情報保護の観点から、自社のサイト閲覧ソフト「クローム」で他社のクッキーを無効にし、別の機能に置き換えるとしている。

 この変更により、他社が閲覧履歴などを基にしたターゲティング(追跡型)広告を配信することが難しくなるとの懸念が出ていた。英当局は「グーグルの支配的地位の乱用だ」といった苦情を受け取っており、正式調査に乗り出すことにした。(共同)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ