生命保険料を6カ月猶予 緊急宣言で首都圏4都県

 生命保険協会は8日、緊急事態宣言の発令を受け、首都圏4都県で契約者の保険料支払いを最長6カ月猶予すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大により、家計への打撃が大きくなることを考慮した。

 対象地域は東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県。協会に加盟する日本生命保険など生保各社が、顧客の申し出にそれぞれ対応する。保険金請求の際には、申請書類などを一部省略できるようにする。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ