イオン食料品の在庫2倍に 供給不安の買い占め防ぐ

 イオンは7日、新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言発令を前に、千葉県野田市の物流センターを報道陣に公開した。イオンは昨年の緊急事態宣言の際に品薄となった食料品や日用品を中心に在庫を通常の2倍程度確保した。消費者が供給不足への不安から買い占めに走らないように、在庫が十分あることをアピールする狙いがある。

 公開した物流センター「イオン北関東RDC」では、埼玉県や千葉県などのグループのスーパーにメーカーから仕入れたカップ麺や飲料といった食料品のほか、マスクなどの日用品を出荷している。

 イオントップバリュの横山憲男副社長は「在庫は確保してあるので、安心して通常通りの買い物をしてほしい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ