名言で振り返る、2020年のモバイル業界 楽天モバイルから5G、料金値下げまで

 2020年のモバイル業界は「激動」と呼ぶにふさわしい1年でした。

 3月にNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクが5Gの商用サービスをスタートし、4月に楽天モバイルが本格サービスをスタート。一方で想定外の出来事も。9月にはドコモ口座をはじめとするスマホ決済の不正利用が発覚、NTT持株によるドコモの完全子会社化を発表し、業界に衝撃を与えました。

 政府の強い要請により、携帯キャリアが料金値下げや各種手数料の撤廃に踏み切ったことも大きなトピックでした。12月には、月額2980円(税別、以下同)で20GBのデータ通信を利用できるプラン(ブランド)として、ドコモが「ahamo」、ソフトバンクが「SoftBank on LINE(仮称)」を発表しました。

 今回は2020年を振り返る特別企画として、主要なトピックでキーパーソンが発した言葉を振り返っていきます。

楽天モバイル関連:ついに本格サービスが開始も、想定外の事態に

 「ネットワークがスカスカ」(KDDI 高橋誠社長)

 →5Gは「ARPU上げる」 楽天モバイルは「スカスカ」 決済は「連携」が重要--KDDI高橋社長一問一答(2019年第3四半期決算編)

 当初予定していた2019年10月から事実上の延期となり、2020年4月に本格サービスをスタートさせた楽天モバイル。大手3キャリアも楽天モバイルの動向には当然目を配っていたはずですが、中でも警戒するコメントを発していたのが、KDDIの高橋誠社長でした。

 1月の決算会見で、楽天モバイルのネットワークを「スカスカ」と表しましたが、これは単にエリアが狭いことを言っているのではなく、サービス開始直後はトラフィックが小さく、電波の干渉が少ないため、ユーザーにとってはむしろメリットにもなり得ることを警戒した言葉でした。

KDDIの高橋誠社長

KDDIの高橋誠社長

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ