生産現場にもリモート化の波 自宅で遠隔監視、AIを活用し故障予知も

【経済インサイド】

 新型コロナウイルスの感染拡大で、事務職や営業職の社員が出社せずに自宅から遠隔で仕事をするリモートワークの利用が広がっている。一方で設備を動かす工場で働く社員のリモート化は難しく、製造業の現場で課題となっていた。そんな中、遠隔監視やAI(人工知能)を活用し、工場のリモート化に取り組む動きが出ている。コロナ禍を機に、生産現場でも働き方改革が広がろうとしている。

 「トナー充填(じゅうてん)機のポンプの圧力を調整した方がいい」

 11月上旬、神奈川県厚木市のリコー厚木事業所では、在宅勤務の社員が遠隔で工場の稼働状況を確認し、ビデオ通話で現場の社員にこう指示していた。

 プリンターのドラムユニットやトナーカートリッジを生産する同事業所ではコロナの感染拡大以降、こうした光景が当たり前となっている。

 リコーは働き方改革を推進するため、昨年から工場でリモートワークを導入したが、コロナの感染が拡大した今年4月から本格稼働させた。

 リモート化を支えるのは自動化とデータ活用だ。厚木事業所のドラムユニットやトナーカートリッジの生産ラインには約200台のロボットが並び、各工程で絶え間なく稼働している。部品は無人機が運び、工場内に社員の姿はまばらだ。

 生産ラインには数多くのカメラやセンサーが据え付けられ、大量のデータが収集されている。それをもとに製品の品質や設備の稼働状態、故障の予知をグラフで可視化している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ