ウイルスを6分で90%抑制 シャープOBがプラズマクラスターではなく「光触媒」で攻勢

 シャープOBらが設立したベンチャー企業、カルテック(大阪市)が、光触媒を活用して空気中のウイルスや臭いなどを抑制する空間除菌脱臭機の開発に取り組んでいる。開発技術が飛沫(ひまつ)粒子に含まれた新型コロナウイルスの感染力を抑制することも分かり、「オンリーワン」技術で大手がひしめく市場に攻め込む。近年は大手メーカーとの競合市場に参入するベンチャーが目立ち始めており、ものづくり活性化の起爆剤として注目される。(山本考志)

 ■6分で90%抑制

 「ウィズコロナの中で、安心安全に暮らせる商品を創出していきたい」

 カルテックの染井潤一社長は10月15日、光触媒を活用した独自技術の実証実験で新型コロナの感染力を抑制する効果を発表した記者会見でこう力を込めた。

 実証実験は理化学研究所、日本大医学部と共同で実施。新型コロナウイルスを含む飛沫粒子が入った密閉容器内でカルテックの空間除菌脱臭機と同程度の性能を持つ光触媒を搭載した装置を作動させると、ウイルスは約6分で90%、約20分で検出不可能なレベルまで抑制することを確認したという。

 光触媒は光を当てると吸着したウイルスや悪臭成分を分解する物質で、酸化チタンが代表。汚れの防止や抗菌などの目的でさまざまな製品に使用されている。

 カルテックの除菌脱臭機はフィルターに酸化チタンを塗布。フィルター表面は特殊な加工で微細な構造になっており、1センチ四方あたりの表面積はテニスコート1面相当(約200平方メートル)と酸化チタンをより多く塗布できるという。

 「シャープではかなわなかった光触媒の製品開発をやりたかった」。染井氏は起業への思いを語る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ