透明板に鮮明な画像 パナが国内初の有機ELディスプレー

 パナソニックは20日、国内メーカー初となる、有機ELの透明ディスプレーを発売すると発表した。背景を透けさせ、透明な状態のディスプレーに映像を表示する。有機ELの特徴を生かし、薄さと鮮明な映像を実現した。

 サイズは55型で、厚さは3・8~7・6ミリ。自ら発光する赤、緑、青の三原色と透明の画素を交互に配置し、背景を透かしながら映像を表示する。通常のディスプレーのように映像をくっきりと表示することもできる。12月上旬、法人向けに発売する。

 商業施設のショーウインドーのほか、交通機関やホテルの案内板などでの導入を想定。広い空間で斜めから見ても明るく見えるようにしたほか、ディスプレーの層を張り合わせる際に空気を抜き透明度を高めた。複数枚を組み合わせることができるモジュールとして販売する。

 パナソニックビジュアル・サウンドビジネスユニットの村山靖・商品企画部長は「市場の黎(れい)明(めい)期(き)にある透明有機ELディスプレーの認知度を高め、用途の可能性を広げていきたい」としている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ